トップページ Q&Aお問い合わせ

家具制作品
クラフト制作品オーダーの流れ制作日記オンラインショップカートの中facebookinstagramyoutube


www.tecori.com --北軽井沢の家具工房--
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
そっちも凍るのか

 

 

只今工房では

 

山の静けさとは裏腹に

年末特有の忙しさに追われております。

 

 

 

 

 

こちらはオーダー頂いたパソコンデスクの製作です。

 

 

 

 

 

 

実はもう完成しており、お届けの準備中でございます。

 

完成品はメイキングビデオと共にまたご紹介したいと思います。

 

とても素敵なのができております。

 

 

 

 

 

 

冬の間、工房の水道は凍結してしまうので、

手持ちのタンクで水を運んでいたのですが、

今年は水道配管を手直しして、研ぎ場だけ水道が使えるようになりました。

 

水道管に電熱線も巻いて、万事オーケー。

 

マイナス13度を下回ったとある日。

排水管の方が凍って水が滞っておりました。

 

そっちもかー。

 

 

 

 

 

お師匠はお仕事の合間で、猛烈に何かを作っています。

 

 

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

丸い座面のスツール + making video

 

 

「丸い座面のスツール」は、

高さが45冂のものと、50儖幣紊里發里任蓮

貫の位置と構造が少し変わります。

 

50僂魃曚┐襪發里蓮貫がちょっとした足掛けになるように作っています。

 

 

 

 

 

 

足先は柿渋で染めているので、

靴下を履いているようなツートーンカラーになります。

 

全体には自然オイルを施しております。

 

 

 

 

 

鉋はよく刃を砥いでから仕上げの作業に入ります。

 

 

 

 

丸い座面のスツールの製作風景です。

 

ISHITANI - Making MARU Stools

 

 

 

お山の上は寒いけれど、星がとても綺麗です。

 

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

スツールとストーブ

 

 

只今工房では、「丸い座面のスツール」の製作が佳境を迎えております。

 

 

 

 

 

 

削り出した丸い座面。

 

 

 

 

 

 

丁寧に組んだパーツ。

 

 

 

 

 

 

お散歩待ちの見習い君。

 

 

 

 

 

 

十字に入るクサビ。

 

 

 

 

 

 

一番気を使う作業が本組接着。

 

組み上がると、お師匠は大きく息を吐きます。

 

 

撮影している私もいつの間にか息を止めていたようで、一緒に大きく息を吐きます。

 

 

 

 

 

 

 

工房のあるお山は、すっかり寒い冬を迎えております。

 

見習い君は灯油ストーブの前に陣取り、

お師匠は薪ストーブに近づき過ぎて作業パンツを焦がす。

 

うっかり体調を崩して寝込んでいた私は、これからお仕事の遅れを取り戻すべく、

ホッカイロを体に貼ってがんばります。

 

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

 

 

ひとつひとつ

 

 

こちらは「シンプルな木のフォトフレーム」の製作です。

 

ウォルナットにはチェリーのチギリ。

チェリーにはウォルナットのチギリ。

 

 

 

 

 

 

自然オイルを塗られるのを待っているフレーム。

 

 

サンドペーパーを使って、ひとつひとつ手で角を落とし、

それぞれの面をこれまた手でサンドペーパーを当てて仕上げます。

 

オイルもひとつひとつ手で塗り、

これまたひとつひとつ手で拭き取ります。

 

 

 

 

 

こちらのフォトフレームは

カリモク60さんの各店舗で販売しております。

 

そしてフォトスタジオの「tete studio works」さんでもお取扱い頂いております。

 

鬼塚さんの素敵な写真を入れてもらえて、幸せなフォトフレームだなぁ。

 

 

 

 

 

 

こちら、お師匠がせっせと作っている小さなものは、

 

 

 

 

 

 

アンティークピアノの小さな部品。

 

 

フランスピアノの修復士「ピアノバルロン・ジャパン」和田さんのお手伝い。

 

 

こんなに小さな部品も木でできてるんだぁ。

 

 

 

 

 

 

 

そして只今工房では、

「曲木の椅子」と「丸い座面のスツール」を作っています。

 

 

 

 

 

 

 

大きなものも、小さなものも、

 

ひとつひとつ丁寧に作ります。

 

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

 

クルミの木のベッドセット

 

 

クルミの木で作った二つセットのベッドです。

 

シングルサイズのベッドですが、

厚さ33冂のダブルマットレスが乗るので

ヘッドボードも大きく作っています。

 

二つのヘッドボードは同じ木からできており、

木目が繋がるように配置されています。

 

 

 

 

 

石谷に言われるまで気が付かなかったのですが

なんと足元側の木の木目も繋がっています。

 

 

足の長さはお掃除ロボットが通れるように

ご相談しながら決めました。

 

 

 

 

 

 

分厚いスノコは運ぶときは重いですが、とても丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

本体ホゾ組は「割りくさび二枚ホゾ」。

 

 

 

 

 

 

今回は切り落としで仕上げています。

 

「くさび」にはブラックウォルナットの木を使っているので、

切り落としの断面にラインが入っているように仕上がります。

 

 

 

 

 

今回お作りしたベッドは分解・組み立てができる仕様になっています。

 

本体・ヘッドボード・スノコ・脚に分けることができます。

 

手作りの仕様書をお付けしてお届け。

 

無事組みたてができましたとのご連絡を頂き、一安心いたしました。

 

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

ガラス戸の食器棚 + making video

 

 

クルミの木で作った「ガラス戸の食器棚」です。

 

本体、背板、棚板、全てクルミの木でお作りしました。

 

 

 

 

 

 

本体は蟻組という技法で組まれています。

 

細いアリは工作が少し難しそうですが、とても上品に仕上がります。

 

 

 

 

 

 

 

棚板も無垢の木なので、反りと伸縮を考え蟻組の端嵌め(はしばめ)がついています。

 

 

 

 

 

 

シンプルな引き戸の取っ手は、真鍮の板が添えられており、

平時は溝に入っていて見えないのですが、開けると現れます。

石谷らしい作りですね。

 

木と真鍮の組み合わせはとてもよく似合うので、

勿論目立つところにあってもすごく素敵だと思います。

 

 

 

 

 

 

棚板は、使い勝手や食器に合わせて、上下に動かせるようになっています。

 

 

 

 

それでは、お師匠の丁寧な仕事ぶりをどうぞ。

 

 

ISHITANI Making  " a cupboard with glass sliding doors "

 

 

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

曲げたり組んだり

 

只今工房では

椅子やベッドの製作をしております。

 

 

 

 

曲木をする時に使うアイロン。

 

以前この古いアイロンの仕様について、

石谷がメーカーさんに問い合わせをしたことがあります。

 

対応してくれた方は、電話口から感じる限りとても老齢の方だったそうです。

 

設計の方なのか職人の方なのか、はたまた創業者の方だったのか。

愛情を持って作った製品だったのでしょう。

 

このアイロンを持っていることに驚いていると共に、とても嬉しそうだったと。

 

 

 

 

 

古いアイロンは不具合も無く、しっかり働いてくれています。

 

 

 

 

 

 

ベッドの製作も順調に進んでおります。

 

 

 

 

 

 

本体の「割りくさび二枚ホゾ」の仮組。

 

仕口が見えないところで強化されています。

 

 

 

 

 

 

こちらも組んでしまうと外からは分かりませんが、

クサビは斜めに入っています。

 

 

 

 

 

 

さらに加工を進めて、

 

 

 

 

 

 

これからいよいよ本組みになります。

 

 

 

 

 

 

こちらも中身は見えませんが「六角ペン立て」です。

 

プレゼント用にお包みしました。

 

 

 

そして椅子の製作があるということは、

私は現在、旋盤がけでおが屑にまみれているということになります。

 

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.com

 

 

新しい駐車場に来たお客さん + video

 

今夏、来てくださるお客様にずっとご不便おかけしていた駐車場を、ようやく整備することができました。

 

先日来た大きな材木トラックも工房に横付けでき、荷の移動もとても楽になりました。

 

出入口の登り坂では多くの車がスリップしていたのですが、しっかり登れるようになりました。

 

 

この感じならば、春先の雪融け時に田んぼみたいになってしまうのも防げるかなと思っています。

 

でも舗装の様に見えて舗装ではないので、もう草がポツポツ生えて来ました。

 

 

 

駐車場が完成して、初めて来たお客さんは・・・・ ビデオでどうぞ。

 

ISHITANI - A new parking area and the first visitor.

 

 

 

 

家具設計製作工房

イシタニファーニチャー

tecori.co.